きもの旅日記 / kimono_atelier_akane

きもの姿で世界中の都市を旅するブログ「きもの旅日記 - Carnet de voyage en kimono-」 100都市きもの旅を目指して、日々更新中です。

(2019/4/17追記)【クラウドファンディングで起業】■パリでの仕事について~現在■

f:id:akane-kyoto:20160505000646j:plain

こんにちは、Kimono atelier Akaneです。
2019年 春から始まる「きもの旅日記」というブログの準備期間中…
と言いつつ、フランスに来る準備に追われ、1カ月もブログを放置しておりました。。。

2015年5月にブランド立上げ時に行った、Makuakeでのクラウドファンディングのページからの抜粋の続きを転載します。

www.makuake.com

事業開始時は、クラウドファンディングにお世話になりました。

※万一、当時の手拭いが届かなかった方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

数件住所不明で戻ってきており、メールでご連絡するも、宛先不明で戻ってきております。

※もし、今からでもご支援ご希望の方がいらっしゃれば、下記アドレスから「ボルドーからの手紙」をご選択ください。

ボルドーでの日々の生活をつづって、日本までお送りします!

 

---

ec.ninjadojoandstore.com

----------------------------------------------------------------------------------------------------

f:id:kimono_atelier_akane:20190417192021j:plain

■パリでの仕事について■

パリでお受けした着付のお仕事は、日本の企業のパリでのオープニングパーティや、日仏カップルの結婚式の新婦様やご親族のお着付、日本食レストランでの着付デモンストレーションなどが主でした。

パリで着付のお仕事をしていて驚いた点は、ブライダルのお仕事でお着付をご依頼頂いた際、お仕度後に私共にもシャンパンが振る舞われる事です。
しあわせな結婚式のお手伝いをする仲間として認められているんだな、とうれしく思いました

着付はお客様を華やかに着飾ってさしあげ、更にお客様から感謝して頂けるという、
美しい職業ではありますが、時に日本では技術者・使用者扱いを受ける事もあり、残念な事です。

パリで着付師として過ごしてみて、現地在住日本人の方からのご依頼で、多少は街にきもの姿を増やせたと思います。
しかし、「もっと、現地の方にきもので外出して頂きたい」「現地の方ときものを通して交流したい」いう想いは完全に満たされる事はありませんでした。
また、フランスでの着付師生活は楽しかった一方、技術の面・サービス、ホスピタリティの面でもっと日本で学ぶべき点があるなと気づきました。

■現在■
日本に帰国後、京都の大手きものレンタルショップに就職、店頭主任を4年させて頂きました。
昨年(2014年)独立。
現在は日本・京都発ではありますが、フランス人向けきものレンタル、着付、コーディネートアドバイス、きもの・小物物販売、きものおさんぽ会企画などをしております。

フランスできもの姿を増やしたい!とも考えており、フランスでのきもの着用を手軽にすべく、フランスへのきもの・小物ネット販売、現地の着付師・ヘアメイク派遣業務などサービスを充実していきたいと考えております。

きもので日仏交流会も企画しておりますので、フランス語学習者の方々にもご参加頂けると嬉しいです。

 

(2019/4/17追記:現在は、フランスボルドーと京都を行き来しつつ、現地でも「きもの日仏交流会」を企画したり、日本イベントで着付ショーをしております。)

(2019/3/7追記)【クラウドファンディングで起業】 ■着付師になるきっかけはパリ■

f:id:akane-kyoto:20160419183248j:plain

こんにちは、Kimono atelier Akaneです。
2019年 春から始まる「きもの旅日記」というブログの準備期間中です。
Kimono atelier Akane開始当初のブログを、こちらに転載していきます。
2015年5月にブランド立上げ時に行った、Makuakeでのクラウドファンディングのページからの抜粋です

 

事業開始時は、クラウドファンディングにお世話になりました。

実際始めてみると、なかなかご協力頂けず、何度何度もめげました。ひたすらご協力をお願いし続けた結果、支援最終日の前日に奇跡的に目標を達成でき、泣きながらオープンの日を迎えた事が、今さっきの事に思い出されます。

※万一、当時の手拭いが届かなかった方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

数件住所不明で戻ってきており、メールでご連絡するも、宛先不明で戻ってきております。

 

※もし、今からでもご支援ご希望の方がいらっしゃれば、下記アドレスから「ボルドーからの手紙」をご選択ください。

ボルドーでの日々の生活をつづって、日本までお送りします!

 

---

ec.ninjadojoandstore.com

----------------------------------------------------------------------------------------------------

■着付師になるきっかけはパリ■

私が着付師になろうと思ったきっかけは、10年前。
当時住んでいたロンドンから、パリへ旅行した際、パリの書店に貼られた「きもの貸します」というアノンスを見つけ、
「これは、私にも出来るかもしれないな!」と直観的に思いました。

当時、浴衣を持参していたのですが、フェット(ホームパーティ)などにゆかたで行くと、とても好評で、
「きもの姿はフランス人にとても好評なんだな!」と思いました。

きものをフランスで広める事は出来ないか、きものを通して国際交流をしたい!と強く思いました。それに、きもの姿でパリを歩くを想像してみると、その様子はとても素敵でした。

「日仏文化交流をしたい」という強い想いと共に、一度日本へ帰国。
2年間日本で着付を学んだ後、再度フランスに渡り、きもののアソシエーションをされていた方のアシスタントとしてパリで働き始めたのが、着付師になるきっかけでした。

f:id:akane-kyoto:20160421115228j:plain

■パリで広がる人の輪■

2年間日本で着付を学んだ後、再度フランスに渡り、出張着付師として働きました。

「きもの・フランス」というキーワードだけで渡仏した私でしたが、
現地の語学学校で出会った、数人の日本人や欧米人(同じくらいフランス語が、片言だったので分かり合えた)をはじめ、友達の輪が広がりました。

語学学校で友人たちは、フランスでは我々アジア人と同じ様に、外人ではありますが、同じパリに惹かれて渡仏してきた者同士。手に職があったり、自分を表現する事を仕事にしている人が多く、大変刺激を受けました。
普段の暮らしで誰かのお家でのフェット(ホームパーティ)に招待してもらうと、沢山のステキな人々に出会えました。

フェットでの時間、人とのつながりは、日本に戻った今も 私に強く影響を残しています。

日本で、友人・さらにその友人を家に呼んでパーティをすることは少ないかもしれません。しかし、フランスでは日常的に人を自宅に招待します。ある外国人友人は、日本は外食が安価なので、外で集まっての交友が多く、フランスは外食が高額なので家で集まるのだと言います。
しかし私は、元々の人との寄り添い方がフランス人と日本人では、全く違うんじゃないかなと思っています。
家というプライベートな空間で、料理を作って友人を呼んで、ゆったりとだらだらとお喋りして一緒に過ごすのが、フランス人の交友方法なんじゃないでしょうか。

そんなゆるく集まる感覚が大好きになり、招待して頂いたフェットで、徐々にお付き合いの輪を広げていくのと同時に、きものの質問や、着付のご依頼を受ける様になりました。

f:id:akane-kyoto:20160421115958j:plain

※もし、ご支援ご希望の方がいらっしゃれば、下記アドレスから「ボルドーからの手紙」をご選択ください。

ボルドーでの日々の生活をつづって、日本までお送りします!

 

ec.ninjadojoandstore.com

(2019/2/5 追記) 【- Kimono photo shooting - きものフォトシューティング】 パリで「きものPhoto shooting」

こんにちは、Kimono atelier Akaneです。

2019年春から始まる「きもの旅日記」というブログの準備期間中です。
今回は、2013年年末に、パリできものシューティングをした時のおはなしです。

------------------------------------------------------------------------------------------
先日まで、私岡西は フランスに行っておりました。
今年は、暖冬の様ですね。

現地で偶然出会った旅行者のはなこちゃんは、日本ではヘアメイクのお仕事をされている女の子。
パリで夜の「きものPhoto shoot」をしたいという私のアイデアに、賛同してくれて、一緒にきものPhoto shootを決行する事になりました。
私がいつも泊っている10区のアパルトマンで、はなこちゃんは、自分でヘアセットをして、私が彼女に振袖の着付をしました。

そして夜のパリ、サンマルタン運河へ、撮影に出かけました!
 


$Location de kimonos WALIN -paris-

ロケ風景。小雨の振る夜のパリ。
荷物を持ってくれたり傘をさしてくれたりと、
優しいサミュエルくんです。



サンマルタン運河をバックに。とても綺麗な写真が撮れました。


小雨に濡れても笑顔でポージングし続けてくれる、はなこちゃん。
ちょっと疲れたので、サンマルタン運河沿いのカフェで一休み。
この時既に0時過ぎていましたが、この笑顔です。

$Location de kimonos WALIN -paris-
撮影終了したのは、朝の2時くらいでした。
やっと夜ゴハン!まだかろうじて空いていたブラッスリーに駆け込みました。

みなさん、雨振る中、夜遅くまでありがとうございました♪

------------------------------------------------------------------------------------------


別の日にサクレクール寺院でも、きものPhoto shootをしました!
今回は、カメラマンのJoannnaにも手伝ってもらい、とても有意義な撮影になりました。



サクレクール横では、クリスマスマーケットがありました。

フランスを始めヨーロッパでは、11月にはすっかりクリスマス気分で、
それは12月24,25日を過ぎても続き、街は数カ月の間クリスマスマーケットがあります。
この日は既に1月6日。日本では正月気分も薄れてきた頃かもしれませんが、
フランスはまだまだクリスマス。 
マーケットにオイスターバーがあったので、思わず足を止める私たち。


サクレクールは観光地の為、たくさんの人に写真撮影をお願いされ、大変でした。
これでは、自分達の撮影が出来ない!との事で、サクレクール裏側に移動し、
撮影続行。



Kimono atelier Akaneでは、
お着物姿でのパリ観光のご提案・フランスでのきもの着用のお手伝いを致します。
例えば、ちょっとしたソワレのお呼ばれにきものでご参加、
きものでレストランでお食事、きものでオペラ鑑賞、
など、色々なきものイベントも企画中。

フランスにきもの姿を増やしたい、と
考えております!

 

とりあえず、フランスページ公開になりました♪
次のフランス滞在予定は、2019年4月10日~2019年7月9日です。

www.akane-kyoto.com

(2019/2/16 追記) 【きものちしき】京友禅染の工房「高橋 徳」さん工房見学

f:id:akane-kyoto:20150806234722j:plain
こんにちは、Kimono atelier Akaneです。

2019年 春から始まる「きもの旅日記」というブログの準備期間中です。
Kimono atelier Akane開始当初のブログを、こちらに転載していきます。
2015年8月に書いた、「高橋 徳」さん工房見学のおはなしです。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

京友禅染の工房「高橋 徳」さんに工房見学に行ってまいりました☆

 

素敵な日本家屋の中に入ると、手前にギャラリーがあります。
その奥に坪庭、情報発信のスペースが続きます。

f:id:akane-kyoto:20150806235605j:plain

さらに奥に行くと、染め工房があります。

今回の工房見学は、まず座学にて友禅染の工程についてのお話しを伺いました。

 

そもそも友禅染とは

のりで防染(染めない所をのりで、ふせて他の場所を染める)して、染めていく技術です。友禅染には、主に京友禅・江戸友禅・加賀友禅の3つに分けられます。

 

友禅染の発祥】

昔々、360年前の江戸時代、徳川綱吉の時代に贅沢を禁止する、奢侈禁止令が出ました。豪華とされる「絞り・刺繍・金糸・金箔」はNGとされました。

 そのすべての技法を用いない技法として、のりで防染しつつ着物一反を染め上げる、友禅染が始まりました。

当時人気のあった扇絵師、宮崎友禅が、きものの世界へ進出。

贅沢を抑えた友禅染技法を用い、絵画的なデザインをした着物が庶民の間で大変人気となりました。

今でいうデザイナーズブランドとして、「友禅染」という名前がつけられたそうです。

 

友禅染について、諸々説明していただきつつ、昔の図案例を見せてもらいました。

昔の図案は大変おしゃれで、とても素敵です。

 

 大胆な縄のれんデザインや囲碁柄のおきもの!

f:id:akane-kyoto:20150806234850j:plain

その昔、縄のれんは虫よけの為に料理屋さんの前にのみかけられていたそうです。

では、なぜ女性の着るきもの柄に、縄のれんを描くのか。

見染めた女性に、余計な虫が付かない様に、縄のれん柄の着物を贈ったそうです。

大変、洒落ておるね。

 

加賀友禅

前述の扇絵師、宮崎友禅が金沢の加賀に身を寄せた際、

糸目糊防染による手描きの染のみで染めるあげる、加賀友禅を確立しました。

 

 座学が終わった所で、実際の作品を見つつ友禅染の加工工程を見せて頂きました。

↓これは染めた後、装飾前の作品です。

f:id:akane-kyoto:20150806235223j:plain

加賀友禅は手描き染めのみで、刺繍や絞りなどの装飾加工はしません。

 

華やかさを求める京友禅は、染め後に金箔加工や刺繍をして装飾をします。

 

↓金箔が施されている所です。指で指されている個所は、糸目糊の白い跡が残っていますが、その下にある同じ花の輪郭は、箔で装飾されています。

f:id:akane-kyoto:20150806235037j:plain

*この後、実際に職人さんが作業をされている工房を見せて頂きましたが、工房内は、職人技術を守るため、写真撮影禁止でした。

 

昔の図案の数々をご紹介頂きました。

白黒写真しかなかった時代に、今後に技法やデザイン、図案・色彩を残す為、

用いられた方法は、木版画でした。

木版画で、繊維の糸のほつれまで表現されています。

f:id:akane-kyoto:20150806235705j:plain

 

こちらは関東の民芸博物館の、古来のきものを再現をされたそうです。

f:id:akane-kyoto:20150806235845j:plain

きものに描かれた京都です。
画面右上には、清水の舞台と滝、
足元に描かれた立派な橋は、五条大橋との事です。
その左ななめ上の簡易的な橋が、四条大橋でした。
当時、四条大橋は、鴨川が増水すればすぐ流される様な、簡易に作られた橋で、主に庶民が利用する橋でした。
その庶民が利用する四条大橋の下で、庶民たちの踊りが始まり、それがいずれ歌舞伎となったのだとか。
なるほど、今も四条大橋を渡れば、南座がある訳です。
地主神社は元々は桜の名所だったらしい。描かれている桜の色が、秋色な事にびっくりです。

f:id:akane-kyoto:20150807000008j:plain

 

全ての工房見学を終えて、最後にお茶と梅甘露を頂きつつ、京の井戸水について色々と教えていただきました。

本日は、とても楽しく勉強になった一日でした。
高橋徳さんのHPは、こちら

トップページ|染工房「高橋徳」

f:id:akane-kyoto:20150807000238j:plain

 

Kimono atelier Akaneの京都ページを更新中。3月よりプラン・価格改定を行いました。

www.akane-kyoto.com

(2019/2/7追記) 【きもの旅日記】Kimono atelier Akane タイ・ベトナム1週間の過ごし方 2

f:id:kimono_atelier_akane:20190312214537j:plain

こんにちは、Kimono atelier Akaneです。
「きもの旅日記」というブログを始める前に、Kimono atelier Akane開始当初のブログを、こちらに転載していきます。
最初は2015年3月にタイ・ベトナムに行った時のおはなしです。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

タイからベトナムへは、飛行機移動でした。
3人いるから、空港までタクシーで向かおう! という事で、ホテルでタクシーを呼んでもらいました。
ホテルのスタッフさんがタクシー運転手に行先を告げ、は英語話さないし、道を知らなくて同じ所を車でウロウロ。
挙句の果てには、道行く人に聞く始末でした。

結局私たちはタクシーを乗り捨てて、スーツケース引きずりながらトラムの駅まで走って、空港着いたのはフライト時間の20分前。

こんな不測の事態が起きない様に、フライト乗り遅れるかもという不安に苛まれない様に、ホテルは空港へのアクセスの良い場所を選ぶべきだ、と私は強く思います!



ベトナムホーチミンメコン川)】
ベトナム到着してからも、空港からのバスが現地の人ばかりで、とても不安な
想いをしながらも、奇跡的にホテルに到着。
その日はしんどすぎて、友人たちと部屋飲みしました。

そのホテルのレセプションをしている女の子が、英語で話しかけてきてくれたので、
おしゃべりしていると、「ホテルでメコン川ツアー予約できるよ?」との事。
疲れていたので、お願いしました。
けど、本来なら日本で予約しといた方が良かったかもしれません。
金額は現地で予約するのと、ほとんど変わりありませんでした。

 

翌日、いざメコン川へ!

f:id:kimono_atelier_akane:20190207184652j:plain

さすがに旅疲れで、写真が少なくなってきました。
けど、この鬱蒼とした緑の中を手漕ぎボートで移動するのは、とっても楽しかったです。
上を見上げると、緑でいっぱい。むかし、幼少の頃読んだ小説に、育ちのいい子供たちが、ボートでジャングルを漕いでいくというシーンがあったなぁ。などと想っていました。

手漕ぎボートでジャングルを下る、そんなシーンが自分の人生に起きるとは!
長く生きるのもいいもんだ、など思ってました。

 

 f:id:kimono_atelier_akane:20190207184655j:plain

突然、終着地に着いたらしく、ボート漕ぎ手の人に降りる様、促される。
ボートを降りると、おつかれさまフルーツが用意されていました。
言われるがままに、フルーツを頂く。パパイヤ美味しい。。
キッチュなガラスコップがかわいかったです。

 

f:id:kimono_atelier_akane:20190207184658j:plain

おつかれフルーツを食べた後は、その周りにあるマーケットを見る様促されます。
(おそらく)外国人観光客相手に、ドラゴンフルーツを売るスタンドがありました。
が!みんなヤル気なし。男の人はハンモックに揺られながら、ちらりとこちらに目配せする程度です。
タイにもベトナムにも、ハンモックで寝る人は、至る所にいました。



ベトナムについて想うこと】
今回、私にとっては2度目のベトナム
ベトナムは、以前フランスの植民地であった事もあり、「アジアのフランス」というイメージでした。
しかし、今回ベトナムに降り立ってみて、強く思ったのは「むしろ、ココはパリの中華街だな…」という事でした。
パリの中華街は、建物はフランス風・街並みもフランス風、だけど
住人の殆どがアジア人、その町で働いている人も皆アジア人、スーパーはアジアスーパー、旅行会社もアジア系で、店名も中国語を始めアジア系の言葉で書かれています。

ベトナムは、まさにパリのチャイナタウンと同じでした。
強いて言うなら、フランス語が通じない事がチャイナタウンといった所でしょうか。
個人的には、あまり目新しく感じる街ではありませんでした。
その中で、とても心惹かれたのはベトナム雑貨です!
きものに合わせても可愛い雑貨がたくさん♪ 以下、雑貨の一部をご紹介します!

 【収穫物】
コサージュ4つ。
貝で出来たさかなは、帯留にしようと考えています。
刺繍きんちゃくバッグたちは、着付道具入れにします。

f:id:kimono_atelier_akane:20190207184702j:plain

(2019/2/7追記)刺繍きんちゃくは、雨の日の替え用足袋をいれる袋に大活躍。
本当に、もっと沢山購入しておくべきでした。。。


ベトナムお土産 ベトナム刺しゅう 巾着袋 5枚セット

 


【ベトナム雑貨zenma/ゼンマ】トゥシューズ手刺繍 巾着袋 中/麻/シューズバッグ・シューズケース/バレエ雑貨

 

(2019/2/7追記) ベトナム刺繍バッグは、本っ当に着物に合わせやすく便利です。
カジュアルきものにも、フォーマルにも合わせやすいので、再度ベトナムまで
仕入れにいきたいぐらいです。


ベトナムバッグ シルク 両面刺繍 ビーズ トートバッグ 肩掛け 鞄 ベトナム雑貨

 


刺繍 トートバッグ ライトブラウン かわいい 花刺繍 シルク ハンドメイド フラワー バタフライ 送料無料 レディース ベトナム雑貨 軽量 布 母の日 敬老の日 プレゼント ギフトお手頃サイズ 花 蝶々 フレンチナッツ トート

 

 

(2019/2/28追記) 【きもの旅日記】きもの散歩 (鎌倉編)

f:id:akane-kyoto:20150907180624j:plainこんにちは、Kimono atelier Akaneです。

2019年 春から始まる「きもの旅日記」というブログの準備期間中です。
Kimono atelier Akane開始当初のブログを、こちらに転載していきます。
2015年9月に書いた、鎌倉旅のおはなしです。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------
旅先で、さらっときもの姿で歩けるサービスは出来ないものか…。
と以前から考えており、只今「旅先きもの手配」というサービスを検討中です。
(2019/2/7追記:未だ検討中です><)


「旅先きもの手配」(検討中)とは!

① お客様の旅行先・着用目的・お好みをお伺いします。
② Akaneで、シーンに合ったおきものフルセット一式をコーディネート♪
③ きものバッグに詰めてご滞在先や式場・美容室に発送します。
④ 現地できものバッグをお受取りいただき、おきものご着用ください。
⑤ 翌日、ご着用頂いたきもの一式をバッグに詰めて、返送伝票をご記入頂き、ホテルのフロントにてご返却。

旅先での、きものおでかけが、身近になればいいなぁ。

今回、「旅先きもの手配」(検討中)のシュミレーションをしてみました☆
行先は江ノ島・鎌倉。
着用目的は、きもので散歩。

ご依頼が入ったと仮定して、まずはコーディネートを考えます。
9月に入ったので、裏もののない単衣にしよう。
着用目的が「きもので散歩」なので、カジュアルな小紋にしよう♪

9月頭に着用だと、秋を先取りしたコーディネートにするのか、夏を惜しむコーディネートにするか悩む所です。
少し悩みましたが、夏を惜しむバージョンにしました!
理由は、行先が江ノ島で海が近いという事、秋色コーディネートは9月中旬以降も楽しむ機会がたくさんありそうだから、という事です。

夏色の単衣のお着物は、白地のツモリチサト
もしくは水色地の百合きもの2着に絞りました。
あとは帯ときものの組み合わせで、コーディネートパターンを考えます。

パターン① さわやか色の
麻の葉柄の半幅帯

個人的に大好きな麻の葉柄の帯。水色きものに合わないワケがありません。
ただ夏の終わりに着用するには、少々さわやかすぎる印象

f:id:kimono_atelier_akane:20190314071635j:plain

パターン② 白地に深めのピンクの博多風の帯
舞妓さんのおけいこ時の浴衣姿を彷彿とさせる、かわいらしいコーディネート。

f:id:kimono_atelier_akane:20190314071659j:plain

パターン③ ビビッドな黄色。
ブルーの反対色である黄色は、コントラストもしっかりしていて、元気なイメージ!
気分も明るくなれそうです。

f:id:kimono_atelier_akane:20190314071654j:plain

パターン④ 黒地ドットの半幅帯
9月初旬という事で、さわやか色のきものに対して、
帯は落ち着いた黒で少し落ち着いたコーディネート。

f:id:kimono_atelier_akane:20190314071642j:plain

パターン⑤ ツモリチサトのきものに、博多風帯のピンクの面。
甘い色合いのコーディネート。半幅帯は両面見せて結べるので、
色々とアレンジが出来ます。

f:id:kimono_atelier_akane:20190314071651j:plain

パターン⑥ 少し落ち着いた、サーモンピンクの夏名古屋帯
同じピンクでも、少しトーンの深めのピンクだと印象が変わります。
名古屋帯なので、⑤よりも
落ち着いたコーディネートになりました。

f:id:kimono_atelier_akane:20190314071646j:plain


朝夕涼しくなってきたので、少し落ち着いたコーディネート、
④の水色ゆりのきものに、黒地ドット帯
に決めました!
 帯締を合わせるとこんな感じです。

f:id:kimono_atelier_akane:20190314071639j:plain


コーディネートが決まったら、きもののプレス&バッグにパッキングをします。

f:id:akane-kyoto:20150907175949j:plain

 【カジュアルきもの旅先きもの手配の内容】

きもの・半幅帯・肌着・襦袢・補正用タオル3枚(今回は自分の使い慣れた補正を入れてます!)・襟芯・腰紐4本・伊達締め2本・コーリンベルト・三重紐・足袋ソックス・草履

以上を、右上のきものバッグに詰めて配送します。

 

数日後、いざ現地へ!
ホテルで、ささっときものに着替えて、鎌倉へと繰り出しました♪

f:id:akane-kyoto:20150907180624j:plain

我ながら嬉しそうです。
旅先できものを着ると、旅気分が更に盛り上がります!

f:id:akane-kyoto:20150907180922j:plain

きもの姿で浮かれながら、鎌倉さんぽ。
まずは鶴岡八幡宮、八幡さんへ行きました。。

f:id:akane-kyoto:20150907181011j:plain

結婚式に出くわしました。

f:id:akane-kyoto:20150907181111j:plain

花嫁さん、ご登場です。

f:id:akane-kyoto:20150907181437j:plain

素敵な結婚式を見た後にひいたおみくじは、なんと「凶」
夢さめました。。。


鶴岡八幡宮
〒248-8588 神奈川県鎌倉市雪ノ下2丁目1−31
TEL: 0467-22-0315
参拝自由

f:id:akane-kyoto:20150907181557j:plain

鳩サブレの豊島屋本店には、真っ白の壁に鳩のマークがあり素敵。
ハトが色っぽい。

f:id:akane-kyoto:20150907181724j:plain
記念に1枚のみ購入したら、こんなかわいい
紙袋に入れてくれました♪

豊島屋 本店
神奈川県鎌倉市小町2-11-19
0467250810
http://www.hato.co.jp/

 

 その後、江ノ島まで足を伸ばしました。
陽が暮れた頃に、新江ノ島水族館に到着!
チームラボの展示もしていました。(←2015年9月の話です。)

f:id:kimono_atelier_akane:20190314063218j:plain
くらげを見ながら、River's edgeのカンナの事を思い出していました。

f:id:kimono_atelier_akane:20190314063227j:plain
エイちゃん。


リバーズ・エッジ オリジナル復刻版


リバーズ・エッジ 愛蔵版
f:id:kimono_atelier_akane:20190314063006j:plain

丸一日きもので散歩しましたが、楽しかったです。
旅先できもので過ごす一日を、ぜひ、みなさんにも体験して頂きたい♪
と改めて思った一日でした。

 


【 お仕立て付き / 東レシルック よそゆき単衣小紋 】( S・M・L / お誂え / 単衣 / 手縫い ) ( パウダーブルー / 葵丸文 ) 洗える着物 洗える小紋 洗える 着物 きもの 水色 東レ シルック 仕立て込み モダン オシャレ 送料無料 【ラッキーシール対応】



アフターSALE限定クーポン配布中!「街着屋の進化したオリジナル色無地」単衣 日本製 仕立て上がり 東レ素材 洗える 色無地 着物 格子地紋( そら色 / S・M・Lサイズ )水色 空色 スカイブルー 青色 お茶会 【送料無料】【あす楽】【新品】

(2019/2/7追記) 【きもの旅日記】Kimono atelier Akane タイ・ベトナム1週間の過ごし方 1

f:id:kimono_atelier_akane:20190306150036j:plain
こんにちは、Kimono atelier Akaneです。
「きもの旅日記」というブログを始める前に、Kimono atelier Akane開始当初のブログを、こちらに転載していきます。
最初は2015年3月にタイ・ベトナムに行った時のおはなしです。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

Kimono atelier Akaneです。
事業オープンして早々、買付旅行(という大義名分の元)の為1週間のバカンスを頂きタイ・ベトナム旅行に行ってまいりました!

変わり結びにつけるコサージュや、帯留代わりに使える小物兵児帯用の布、きもの用バッグなどに出会えるのでしょうか。

まずは、友人たちとタイにてバンコク観光に行きました。

f:id:kimono_atelier_akane:20190207184641j:plain

涅槃像。ご覧の通り、日本の仏像さんとは随分違っていて、全身ゴールドでとても派手です!その上、寝転んでいらっしゃいます。

ワット・ポー(Wat Pho)
アユタヤ時代に建立された、バンコク最古のお寺。大きな涅槃像が有名です。
チケット料金:1枚100バーツ
最寄り駅:BTSサイアム駅

f:id:kimono_atelier_akane:20190306150551j:plain

タイ料理おいしい♡

f:id:kimono_atelier_akane:20190306150629j:plain

写真メニューがあり、分かりやすいです。
f:id:kimono_atelier_akane:20190207184644j:plain

ホテルの側に偶然あったタイ料理屋さん「イムチャン」♥
写真付きの日本語メニューがあり、注文しやすく便利でした。
屋台という名の、半分オープンエアー・半分室内の様なお店。
(2019/2/7追記) 2017年にタイ航空でフランスに行った際、バンコクでの6時間のトランジットがあり、市内に出て一人でイムチャンに再訪しました♪
オーダーは一人でもふらっと入れる雰囲気で、おススメ。

外観はこんな感じです↓

f:id:kimono_atelier_akane:20190306150045j:plain

イムチャン(IM CHAN)
最寄り駅:BTSプロンポン駅
住所:669 Soi Sukhumvit 39, Khlong Toei Nuea, Khet Watthana, Krung Thep Maha Nakhon 10110 Thailand 

 

 

f:id:kimono_atelier_akane:20190207184648j:plain

バンコク滞在中に、アユタヤに行く日帰りツアーを申し込みました。
木に埋もれた仏頭で有名な、ワットマハート。
アユタヤの遺跡は、多くの仏像に取り囲まれていますが、その多くは頭部がありません。かつて、ビルマ軍の攻撃にあった際、金箔の施された仏頭のみ切り落とされ、持ち去られてしまったのです。
ワットマハートでは、切り落とされた仏頭が、長年をかけて菩提樹の根に飲み込まれた様子は必見です。

ワットマハート
拝観料:50バーツ

f:id:kimono_atelier_akane:20190306155547j:plain

 移動するよ~と言うガイドさんについていくと、そこにはロバ馬車がまっていました。より一層強まる、ドナドナ感。

 

f:id:kimono_atelier_akane:20190306155152j:plain

 ロバ馬車を降りた後は、森を歩きました。
執拗にハンモックを勧めてくるガイドさん。
こうやって揺られたら気持ちいいよ~と、乗って見せてくれました。

 

f:id:kimono_atelier_akane:20190306150613j:plain

言われるがままに乗ってみた。
ガイドさんも、ハンモックでダラダラしているし、少し休憩したかっただけなのかな。

 

f:id:kimono_atelier_akane:20190207184637j:plain

象乗りもしました。
象使いは皆、ぐったりしています。

f:id:kimono_atelier_akane:20190306150609j:plain

 象乗り後、ガイドさんが唐突にフルーツを渡してきます。
どうやら、象にエサやりが出来るとの事。たくさんの象が寄ってきて、
まぁまぁ怖かったです。

 

タイ4日間で入手した雑貨の中で、お気に入りは食器類です。
にわとり柄のかわいいボウルや、急須。


【タイ雑貨】にわとり柄のボウル どんぶり [直径14.5cmx6cm] 中鉢 サラダボウル お茶碗 ローカル品 おしゃれな アジアン食器 装飾品 アジアン雑貨 バリ雑貨 タイ ローカルな食器 テーブルデコレーション」


【タイ雑貨】にわとり柄 急須 ティーポット ローカル品 おしゃれな アジアン食器 装飾品 アジアン雑貨 バリ雑貨 タイ ローカルな食器 テーブルデコレーション

 

バナナリーフの器は、ねこbarでもよく使用しています★

 ↓


バナナリーフのお皿S20cmグリーン おしゃれ アジアン カトラリー アジアンキッチン アジアンインテリア アジアン雑貨 タイ雑貨 葉っぱのお皿 陶器 カフェ プレート 食器 アジアン食器 お皿 取り皿 大皿 小皿 醤油皿

 

次回のブログでは、ベトナムでの日々を綴ります!