【京都・ボルドー在住】きもの旅日記 / kimono_atelier_akane

【京都・ボルドー在住】きもの姿で世界を旅するブログ「きもの旅日記 - Carnet de voyage en kimono-」 100都市きもの旅を目指して、日々更新中

(2019/2/28追記) 【きもの旅日記】きもの散歩 (鎌倉編)

f:id:akane-kyoto:20150907180624j:plainこんにちは、Kimono atelier Akaneです。

2019年 春から始まる「きもの旅日記」というブログの準備期間中です。
Kimono atelier Akane開始当初のブログを、こちらに転載していきます。
2015年9月に書いた、鎌倉旅のおはなしです。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------
旅先で、さらっときもの姿で歩けるサービスは出来ないものか…。
と以前から考えており、只今「旅先きもの手配」というサービスを検討中です。
(2019/2/7追記:未だ検討中です><)


「旅先きもの手配」(検討中)とは!

① お客様の旅行先・着用目的・お好みをお伺いします。
② Akaneで、シーンに合ったおきものフルセット一式をコーディネート♪
③ きものバッグに詰めてご滞在先や式場・美容室に発送します。
④ 現地できものバッグをお受取りいただき、おきものご着用ください。
⑤ 翌日、ご着用頂いたきもの一式をバッグに詰めて、返送伝票をご記入頂き、ホテルのフロントにてご返却。

旅先での、きものおでかけが、身近になればいいなぁ。

今回、「旅先きもの手配」(検討中)のシュミレーションをしてみました☆
行先は江ノ島・鎌倉。
着用目的は、きもので散歩。

ご依頼が入ったと仮定して、まずはコーディネートを考えます。
9月に入ったので、裏もののない単衣にしよう。
着用目的が「きもので散歩」なので、カジュアルな小紋にしよう♪

9月頭に着用だと、秋を先取りしたコーディネートにするのか、夏を惜しむコーディネートにするか悩む所です。
少し悩みましたが、夏を惜しむバージョンにしました!
理由は、行先が江ノ島で海が近いという事、秋色コーディネートは9月中旬以降も楽しむ機会がたくさんありそうだから、という事です。

夏色の単衣のお着物は、白地のツモリチサト
もしくは水色地の百合きもの2着に絞りました。
あとは帯ときものの組み合わせで、コーディネートパターンを考えます。

パターン① さわやか色の
麻の葉柄の半幅帯

個人的に大好きな麻の葉柄の帯。水色きものに合わないワケがありません。
ただ夏の終わりに着用するには、少々さわやかすぎる印象

f:id:kimono_atelier_akane:20190314071635j:plain

パターン② 白地に深めのピンクの博多風の帯
舞妓さんのおけいこ時の浴衣姿を彷彿とさせる、かわいらしいコーディネート。

f:id:kimono_atelier_akane:20190314071659j:plain

パターン③ ビビッドな黄色。
ブルーの反対色である黄色は、コントラストもしっかりしていて、元気なイメージ!
気分も明るくなれそうです。

f:id:kimono_atelier_akane:20190314071654j:plain

パターン④ 黒地ドットの半幅帯
9月初旬という事で、さわやか色のきものに対して、
帯は落ち着いた黒で少し落ち着いたコーディネート。

f:id:kimono_atelier_akane:20190314071642j:plain

パターン⑤ ツモリチサトのきものに、博多風帯のピンクの面。
甘い色合いのコーディネート。半幅帯は両面見せて結べるので、
色々とアレンジが出来ます。

f:id:kimono_atelier_akane:20190314071651j:plain

パターン⑥ 少し落ち着いた、サーモンピンクの夏名古屋帯
同じピンクでも、少しトーンの深めのピンクだと印象が変わります。
名古屋帯なので、⑤よりも
落ち着いたコーディネートになりました。

f:id:kimono_atelier_akane:20190314071646j:plain


朝夕涼しくなってきたので、少し落ち着いたコーディネート、
④の水色ゆりのきものに、黒地ドット帯
に決めました!
 帯締を合わせるとこんな感じです。

f:id:kimono_atelier_akane:20190314071639j:plain


コーディネートが決まったら、きもののプレス&バッグにパッキングをします。

f:id:akane-kyoto:20150907175949j:plain

 【カジュアルきもの旅先きもの手配の内容】

きもの・半幅帯・肌着・襦袢・補正用タオル3枚(今回は自分の使い慣れた補正を入れてます!)・襟芯・腰紐4本・伊達締め2本・コーリンベルト・三重紐・足袋ソックス・草履

以上を、右上のきものバッグに詰めて配送します。

 

数日後、いざ現地へ!
ホテルで、ささっときものに着替えて、鎌倉へと繰り出しました♪

f:id:akane-kyoto:20150907180624j:plain

我ながら嬉しそうです。
旅先できものを着ると、旅気分が更に盛り上がります!

f:id:akane-kyoto:20150907180922j:plain

きもの姿で浮かれながら、鎌倉さんぽ。
まずは鶴岡八幡宮、八幡さんへ行きました。。

f:id:akane-kyoto:20150907181011j:plain

結婚式に出くわしました。

f:id:akane-kyoto:20150907181111j:plain

花嫁さん、ご登場です。

f:id:akane-kyoto:20150907181437j:plain

素敵な結婚式を見た後にひいたおみくじは、なんと「凶」
夢さめました。。。


鶴岡八幡宮
〒248-8588 神奈川県鎌倉市雪ノ下2丁目1−31
TEL: 0467-22-0315
参拝自由

f:id:akane-kyoto:20150907181557j:plain

鳩サブレの豊島屋本店には、真っ白の壁に鳩のマークがあり素敵。
ハトが色っぽい。

f:id:akane-kyoto:20150907181724j:plain
記念に1枚のみ購入したら、こんなかわいい
紙袋に入れてくれました♪

豊島屋 本店
神奈川県鎌倉市小町2-11-19
0467250810
http://www.hato.co.jp/

 

 その後、江ノ島まで足を伸ばしました。
陽が暮れた頃に、新江ノ島水族館に到着!
チームラボの展示もしていました。(←2015年9月の話です。)

f:id:kimono_atelier_akane:20190314063218j:plain
くらげを見ながら、River's edgeのカンナの事を思い出していました。

f:id:kimono_atelier_akane:20190314063227j:plain
エイちゃん。


リバーズ・エッジ オリジナル復刻版


リバーズ・エッジ 愛蔵版
f:id:kimono_atelier_akane:20190314063006j:plain

丸一日きもので散歩しましたが、楽しかったです。
旅先できもので過ごす一日を、ぜひ、みなさんにも体験して頂きたい♪
と改めて思った一日でした。

 


【 お仕立て付き / 東レシルック よそゆき単衣小紋 】( S・M・L / お誂え / 単衣 / 手縫い ) ( パウダーブルー / 葵丸文 ) 洗える着物 洗える小紋 洗える 着物 きもの 水色 東レ シルック 仕立て込み モダン オシャレ 送料無料 【ラッキーシール対応】



アフターSALE限定クーポン配布中!「街着屋の進化したオリジナル色無地」単衣 日本製 仕立て上がり 東レ素材 洗える 色無地 着物 格子地紋( そら色 / S・M・Lサイズ )水色 空色 スカイブルー 青色 お茶会 【送料無料】【あす楽】【新品】

(2019/2/7追記) 【きもの旅日記】Kimono atelier Akane タイ・ベトナム1週間の過ごし方 1

f:id:kimono_atelier_akane:20190306150036j:plain
こんにちは、Kimono atelier Akaneです。
「きもの旅日記」というブログを始める前に、Kimono atelier Akane開始当初のブログを、こちらに転載していきます。
最初は2015年3月にタイ・ベトナムに行った時のおはなしです。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

Kimono atelier Akaneです。
事業オープンして早々、買付旅行(という大義名分の元)の為1週間のバカンスを頂きタイ・ベトナム旅行に行ってまいりました!

変わり結びにつけるコサージュや、帯留代わりに使える小物兵児帯用の布、きもの用バッグなどに出会えるのでしょうか。

まずは、友人たちとタイにてバンコク観光に行きました。

f:id:kimono_atelier_akane:20190207184641j:plain

涅槃像。ご覧の通り、日本の仏像さんとは随分違っていて、全身ゴールドでとても派手です!その上、寝転んでいらっしゃいます。

ワット・ポー(Wat Pho)
アユタヤ時代に建立された、バンコク最古のお寺。大きな涅槃像が有名です。
チケット料金:1枚100バーツ
最寄り駅:BTSサイアム駅

f:id:kimono_atelier_akane:20190306150551j:plain

タイ料理おいしい♡

f:id:kimono_atelier_akane:20190306150629j:plain

写真メニューがあり、分かりやすいです。
f:id:kimono_atelier_akane:20190207184644j:plain

ホテルの側に偶然あったタイ料理屋さん「イムチャン」♥
写真付きの日本語メニューがあり、注文しやすく便利でした。
屋台という名の、半分オープンエアー・半分室内の様なお店。
(2019/2/7追記) 2017年にタイ航空でフランスに行った際、バンコクでの6時間のトランジットがあり、市内に出て一人でイムチャンに再訪しました♪
オーダーは一人でもふらっと入れる雰囲気で、おススメ。

外観はこんな感じです↓

f:id:kimono_atelier_akane:20190306150045j:plain

イムチャン(IM CHAN)
最寄り駅:BTSプロンポン駅
住所:669 Soi Sukhumvit 39, Khlong Toei Nuea, Khet Watthana, Krung Thep Maha Nakhon 10110 Thailand 

 

 

f:id:kimono_atelier_akane:20190207184648j:plain

バンコク滞在中に、アユタヤに行く日帰りツアーを申し込みました。
木に埋もれた仏頭で有名な、ワットマハート。
アユタヤの遺跡は、多くの仏像に取り囲まれていますが、その多くは頭部がありません。かつて、ビルマ軍の攻撃にあった際、金箔の施された仏頭のみ切り落とされ、持ち去られてしまったのです。
ワットマハートでは、切り落とされた仏頭が、長年をかけて菩提樹の根に飲み込まれた様子は必見です。

ワットマハート
拝観料:50バーツ

f:id:kimono_atelier_akane:20190306155547j:plain

 移動するよ~と言うガイドさんについていくと、そこにはロバ馬車がまっていました。より一層強まる、ドナドナ感。

 

f:id:kimono_atelier_akane:20190306155152j:plain

 ロバ馬車を降りた後は、森を歩きました。
執拗にハンモックを勧めてくるガイドさん。
こうやって揺られたら気持ちいいよ~と、乗って見せてくれました。

 

f:id:kimono_atelier_akane:20190306150613j:plain

言われるがままに乗ってみた。
ガイドさんも、ハンモックでダラダラしているし、少し休憩したかっただけなのかな。

 

f:id:kimono_atelier_akane:20190207184637j:plain

象乗りもしました。
象使いは皆、ぐったりしています。

f:id:kimono_atelier_akane:20190306150609j:plain

 象乗り後、ガイドさんが唐突にフルーツを渡してきます。
どうやら、象にエサやりが出来るとの事。たくさんの象が寄ってきて、
まぁまぁ怖かったです。

 

タイ4日間で入手した雑貨の中で、お気に入りは食器類です。
にわとり柄のかわいいボウルや、急須。


【タイ雑貨】にわとり柄のボウル どんぶり [直径14.5cmx6cm] 中鉢 サラダボウル お茶碗 ローカル品 おしゃれな アジアン食器 装飾品 アジアン雑貨 バリ雑貨 タイ ローカルな食器 テーブルデコレーション」


【タイ雑貨】にわとり柄 急須 ティーポット ローカル品 おしゃれな アジアン食器 装飾品 アジアン雑貨 バリ雑貨 タイ ローカルな食器 テーブルデコレーション

 

バナナリーフの器は、ねこbarでもよく使用しています★

 ↓


バナナリーフのお皿S20cmグリーン おしゃれ アジアン カトラリー アジアンキッチン アジアンインテリア アジアン雑貨 タイ雑貨 葉っぱのお皿 陶器 カフェ プレート 食器 アジアン食器 お皿 取り皿 大皿 小皿 醤油皿

 

次回のブログでは、ベトナムでの日々を綴ります!

(2019/2/6 追記) 【ブランド立上げ当初】Kimono atelier Akaneの理念

 

f:id:kimono_atelier_akane:20190301135233j:plain
こんにちは、Kimono atelier Akaneです。

「きもの旅日記」というブログを始める前に、Kimono atelier Akane開始当初のブログを、こちらに転載していきます。
今回も、2015年3月ブランド立上げの頃のおはなしです。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

Akaneを立ち上げて半年経ったある日、友人がふっと言ってくれた一言、
「こうして日常的にきものを着てる人が側にいるから、
私ももっと、きものを着てみよう思う。」 

という言葉に、なんだか心が震えて初心を思い出した、Kimono atelier Akaneです。

私は以前、大手きものレンタルショップの運営及び着付師として、数年働いておりました。
当時の私にとっては、「人様をお着付けして、美しくしてさしあげるのが仕事」で、
「自分が着物を着て浮かれるべきではない。あくまで裏方であるべき」
と考えておりました。

しかし前職を退職後は、仕事でもプライベートでも、きもので出かける機会が増えました。
自ら着物で生活する事で、今まで気づかなかった細かな きものを着るコツ、
またきもの姿で不自由に思う点に、気づく様になったのです。

 

前職では、沢山のお客様と向き合い着付をさせて頂きましたが、
私はその会社で働いた数年間、きものを着用した際に困るポイントや、お客様が本当に欲しいサービスを知りえてなかったのだ、と思いました。

 

 

 

その時ふと思い出したのは、いきがった16歳の自分が言っていた言葉。

「私、きものをもっと普段着として広めたい。
お祭り以外にも気軽に浴衣で出かけたり、ちょっときもの姿でゴハンに行ったり、そんな風にきものをもっと自由に着てほしい」

当時思いつきで言った言葉でしたが、この想いは今のAkaneの真髄かもしれません。

 

 

その後、海外で生活した数年間に「きものを普段に着る生活を広めたい」という想いは、徐々に強くなりました。

日本帰国後、きものレンタルショップに数年勤務、そして今に至ります。

 

大型店舗運営で、学ぶことは沢山ありました。

しかし、売上の為に店員全員が、死にかけで働いている薄利多売は、私がやりたいサービスではなかった。

 

もちろん、今も大手でしか出来ないサービスはある、と思います。

 

しかし、私はKimono atelier Akaneでは、1日に受け入れられるお客様が少なくてもいい、

お客様の1名1名のご希望をお伺いし、その方の着物姿で過ごす1日が素敵な日になる様、努めたい。そして、今後その方々がきものを着て過ごす日が増える様、お手伝いしたいと願っています。

 

友人からの一言、それを聞いて思い出した16歳の自分の言葉を想い、初心に戻ったお話でした。

f:id:kimono_atelier_akane:20190301135332j:plain

フランス進出に向けて、HP更新中です♪

www.akane-kyoto.com

 

地道にきものEC shop作成途中(今後、商品・商品説明増やしていきます!)

 

ec.ninjadojoandstore.com

 

 

(2019/2/5 追記) 【ブランド立上げ当初】 Kimono atelier Akane HP用シューティング

f:id:kimono_atelier_akane:20190205165923p:plain


こんにちは、Kimono atelier Akaneです。

「きもの旅日記」というブログを始める前に、Kimono atelier Akane開始当初のブログを、こちらに転載していきます。
最初は2015年3月ブランド立上げの頃のおはなしです。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

さて、今回はお着物に関係する話を書きます。

2月某日、Kimono atelier Akaneフォーマルきものレンタル用写真を、京都にて撮影してまいりました。

 

撮影場所としてご協力頂いた、京町屋【TOWA】さん!(現【Studio Corps Labo】さん)

素敵なエントランスにお庭、ランプや窓なども大変かわいいです。

 

f:id:kimono_atelier_akane:20190205165929p:plain

エントランス内側から。

 

f:id:kimono_atelier_akane:20190205165934p:plain

京都某所にて撮影。

 

 (2019/2/5 追記: 現在、京都では主に外国人観光客向けの、カジュアルきものレンタル

がメインとなっておりますが、実は↑の訪問着をはじめ、フォーマルきものレンタル・着付も承っております!)

 

【訪問着:淡いグリーン地に、季節の花々】

淡いグリーン地に、季節の花々が描かれており、明るい新春を彷彿と

させるお着物です。

帯を変わり結びにすると、華やかさが増しますので、お若い方の

ご結婚式ご列席のシーンにもお召いただけます。

既婚の方は、二重太鼓ですっきりとお召頂くのが、すてきです。

おススメご着用シーン:

結婚式、お顔合わせ、入学式・卒園式、お宮参り、七五三など。

レンタル・着付け料金:

 16000円

 *レンタルのお問合せは、こちらから ↓

 

www.akane-kyoto.com


 

【コーディネート】

初春色の淡いグリーンに、七宝の帯を合わせました。

帯単体で見ると、目立たない印象の七宝柄ですが、

フォーマル着物全般にとても馴染みが良く、きものコーディネートに迷った際に、

大活躍する帯です。

花柄とは違い、着用の季節も選ばないので、個人的にお気に入りの帯です。


きもの翔鶴 袋帯 正絹 西陣 浅田叡一織物謹製 七宝文様

 

【撮影メンバー】

モデル:さくらちゃん

撮影:上野くん

ヘアメイク:ようこさん

着付・ディレクション:岡西